PVアクセスランキング にほんブログ村

昨日の続きの続き

マルノコ・フロアタッカの他にもう一つオーダーがありました。

既出ではございますが、マキタビス打ち機AR411HRと高圧コンバータースワップ

f:id:toshikane:20190322230208j:plain

お互いのj高圧プラグはレギュレーター内蔵タイプで且つ

製造元が同じダイセン。だから規格が同じなのは当然である。

f:id:toshikane:20190322230209j:plain

ただこれでけでは記事にならないので

これのデメリットであるケースに当たるところをf:id:toshikane:20190322230210j:plain

穴を開けるとゴミが入るので

f:id:toshikane:20190322230211j:plain

炙って加工しました。

 

昨日の続き

マルノコの補強プレート変更を残り1台は

ベースを塗装品からメッキ品に交換するにあたり

部品がまだ入荷しておりませんので終えておりませんが

さらにMAXのフロアタッカのオーダーがありまして

そちらから行います。

 

今回は定番の変更になります。

MAXの高圧フロアタッカは詰まった時に簡単に外せるようになりましたが

反面先端が狙いづらいので当店ではできる範囲で細工しております。

ちょうど、発射口が六角穴付きボルトの影になって見えないので

円筒型の頭を削って円錐型にします。

f:id:toshikane:20190322230207j:plain

付いているボルトは短いので長さが倍以上のボルトをドリルチャックで挟んで

回しながらグラインダーで削るだけ。

このように削った後はチャックのくわえている部分をバイスで挟んで

金鋸を使い原始的に手動でカットします。

実際にどれくらい違うか?

変更前

f:id:toshikane:20190322230212j:plain

変更後

f:id:toshikane:20190322230213j:plain

写す角度が違いますので、そのあたりをご察し願います。